shop diary

factory zoomer/shop diary


渡辺さんのお料理教室 予約受付

 

渡辺康啓さんの 西安料理教室 -シルクロードの起点-

 

料理家 渡辺康啓さんに、7/6(金)からスタートする /gallery での light years 展に合わせ、デモンストレーション形式の料理教室を開催していただきます。世界各国を 旅する light years から着想を得て、歴史ある中国の西安料理をベースに、 様々な食材やスパイスを組み合わせ、美味しい料理を紹介してください ます。シルクロードを旅するような気持ちで、新しい味覚や調理法を教 わりませんか?ぜひご参加ください。

 

日 時 :2018年7月7日(土) 11:00~ 16:00~
定 員 :各回10名
会 費 :1 0 , 8 0 0 円(食事代含む、税込)
場 所 :ズーマショップ 石川県金沢市清川町 3 - 1 7 ( 犀川沿いのお店 )

ご予約 :ショップへお電話ください。tel 076-244-2892

(11:00~18:00 水曜定休)

 

※出来上がったお料理は、最後にお召し上がりいただきます。

※駐車場はございませんので、近隣パーキングまたは公共交通機関をご利用下さい。 

 

尚、カフェの営業は全日お休みさせていただきますが、お買い物はしていただけます。

 


今日よりA&Sの展示会が始まります。

本日より、ARTS&SCIENCEのお洋服や小物が

6/15(金)〜26(火)の期間中ズーマ/ショップにたくさん並びます。

 

普段入荷の少ないメンズサイズや、涼しげなワンピースやブラウス、バッグやお財布、ポーチなどの革小物類なども揃えてお待ちしておりますのでぜひこの機会に足をお運びください。

オオヤコーヒーをご用意して心よりお待ちしております<y>

 

 

 

 


5月の花教室と次回教室のお知らせ

5月13日(日)・14(月)に、ズーマショップにて杉謙太郎さんの花教室を開催いたしました。

木の中で固く窄んでいた葉が一気に成長し、光と風にそよぐ五月。

 

杉先生が用意して下さった花材は、

筍、大山蓮花、苧環、都忘れ、山紫陽花、紅葉......などなど。

植物のフレッシュな生命力と清々しい季節を感じながらの教室となりました。

 

 

今回で3回目となった教室ですが、連続して受講されている方もいらっしゃり、

早速、花器と花材を選んで、いけはじめます。

最初は、単純なお絵描きのように、色やバランスだけを気にしていたのが、

先生の鋭い指摘を受け、回を重ねるごとに、だんだんと視点が変化し、視野が広がり、

いけばなの奥深さや楽しさを感じていただけたのではないでしょうか。

また、逆に、視野が広がることで、何が正解かわからなくなるといった声もちらほら。

 

そこで、次の回では、伝統的ないけばなの基本である、「型」に触れ、

その上で、普段のいけばながどう変化していくか、やってみたいと思います。

型を知ってこそ、ぶれない何かが見えるのでしょうか。。。

次回の先生のお話が楽しみですね。

(s)

 

 

◯ 次回の教室は、7月です。

はじめての方の受講も大歓迎です。ご予約お待ち致しております。

 

日 時:2018 年7 月16 日(月祝) 11:00〜18:00 / 17 日(火) 11:00〜18:00

場 所:ズーマショップ( 犀川沿いのお店です)

会 費:10,000 円( お花代別途500 円)

定 員:定員各回5 名

持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、空のペットボトル

    持参可能な方は…いけたい植物、花器( あればサイズ違いで複数)、敷板

※ご予約は/shop までお電話(076-244-2892) でお申し込みください。

※駐車場はございませんので、近隣パーキングまたは、公共交通機関をご利用ください。

 

◯ 杉 謙太郎 プロフィール

1975 福岡生まれ。18歳より花の道へ。

2013 museum as it is にて 花会。 写真集「 わすれくさ」 出版。

2014 奈良 志賀直哉旧居 東大寺 新薬師寺 一年に及ぶ花会。

現在、各地にて花会。

 

 

 

 

 

 


6月の月乃音 中国茶教室のお知らせ

6月に入り春の日射しからいつの間にか初夏の日射しに変わり、

目にする景色がとても鮮やかです。

/shopでは、6月は月乃音 中国茶教室がございます。

ただいまお席に少しだけ余裕がございますのでお知らせいたします。

 

今回のお教室の内容は「黒茶(ヘイチャ)」になります。

菌類の力で身体の栄養を補い様々な形に固められた黒茶の姿を眺めながらその魅力に迫ります。

 

○ご予約受け付け中

 

6月23日   (土)14時の部 

6月24日   (日)11時の部 、14時の部(キャンセル待ち) 

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 

 


始まりました、花教室。

始まりました、杉謙太郎先生の花教室。

あいにくの雨ですが、植物にとっては恵みの雨。

今朝摘んできた生き生きとして、芳しい香りのする花を活けます。

 

 

体験は、今この時、この場にいないと体感できません。

明日のお教室はまだお席に余裕がございますのでこの機会にぜひご参加ください。

少人数ですので杉先生が丁寧にご指導してくださいます。

 

○杉謙太郎さんの花教室【5月】 予約受付中


日 時:2018年5月14日(月)11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店です)
会 費:10,000円(お花代別途500円)
定 員:定員各回5名
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、生けたいお花、お花を生けたい花器(あれば、サイズ違いで複数)、空のペットボトル(口を切って、いける前のお花をいれます。)

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop

tel 076-244-2892 (11:00〜18:00 水曜定休)

 


月乃音 4月の中国茶教室

昨年からズーマ/ショップでは神戸から茶人の渡邊乃月さんをお迎えして中国茶教室を連続で開催しています。早いもので昨年の4月から始まった中国茶教室も1年が経ち、今回で6回目のお教室となりました。

 

まずは、中国茶は 緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶、発酵度によって6つに分類されていることをおさらいしました。

 

そして、今回のお教室のテーマは2回目の 緑茶。

「新茶上市2018」

摘みたての新茶、黄山毛峰と安吉白茶の2種をいただきました。

中国では多くの人々が日常の中で飲まれているそうで、今、

このタイミングでしか味わうことのできない新茶を皆さんが心待ちにしています。

日本の緑茶に比べると水色が淡く、渋みが少なく軽やかで、

明るく透明感に満ちています。

姿形も自然に摘み取られた美しさがそのまま現れますので、

特に新茶はガラスの器で楽しむことが多いようです。

清々しい香りとゆらゆらとガラスの中で茶葉が舞う姿は

とても癒され日常の喧騒を忘れさせてくれます。

今回は、お茶の種類や製法によって茶器を選ぶ楽しみ方も学び、

学びが深まるお教室となりました。

フルに五感を使う中国茶教室は、体験した方にしか味わえない時間です。

次回のお教室は6月になります。

 

○ご予約受け付け中

 

6月23日   (土)14時の部 

6月24日   (日)11時の部 、14時の部 

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 

 


月乃音 中国茶教室のお知らせ

柔らかな黄緑色の若葉が目に微笑ましい季節です。

いよいよ今週末は、4月の月乃音 中国茶教室になります。

まだ少しお席に余裕がございますのでご連絡をお待ちしております。

 

今回のお教室のテーマは 2回目の 緑茶 になります。

「新茶上市」
摘みたての新茶をご紹介いたします。
中国緑茶の姿の美しさとフレッシュな風味を味わいに是非いらして頂きたいです。
そして、毎回の楽しみの一つでもある点心は胡麻餡の桃饅頭になります。

お教室ごとに、普段では出会えないお茶を味わうことができます。

中国茶の世界を、ぜひ体験しにいらしてください。<y>

 

○ご予約受け付け中

 

4月21日   (土)14時の部 

4月22日   (日)11時の部 お席に余裕がございます、14時の部 

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 


3月の花教室

杉謙太郎さんによる花教室を、3月に/shopにて開催致しました。

1回目の教室は、大雪の中、雪を使っていけたり、冬ならではの

美しさを感じる事ができましたが、

今回は、参加者の皆さま、それぞれの手に春の息吹を感じるような植物を持って集まってくださいました。

道具の説明があり、花器を初めとする、それぞれのものの”格”についても知る事ができました。

植物の扱い方もそれぞれ違い、水あげの方法や、特徴を丁寧に

教えていただきました。

 

その後、教室の大半の時間は、選んだ花器にあわせて

いける植物を選び、お花をいけていきます。

そして、いけ終った方から先生に見ていただき、手直しして下さいます。

 

先生が手直しして下さると、途端にそこに物語や情景が広がり、

空間、空気がガラリと変わる瞬間は、不思議でとても感動します。

 

杉先生の無駄の無い所作、ひとつひとつに意味があり、

お花をいける目的や、心の持ちようなど、

自分と向き合う時間となり、自分の中の普段使わない部分が活性化するようで、

一生懸命考えていけた時間は、とても疲れますが、

心はスッキリとして教室を終えたという方がたくさんいらっしゃいました。

 

ただ、格好よくお花をいける事だけではなく、

日常生活や、自分自身を何か少し違った角度で見る事ができる

そんな機会でもあるのかもしれません。

 

次回の教室は、5月です。

生命力に溢れた初夏のお花が咲き始めますね。

3月とは違った空間が今から楽しみです。

ご参加お待ち致しております。

(s)

 

 

○杉謙太郎さんの花教室【5月】 予約受付中


日 時:2018年5月

1回目 13日(日) 11:00〜18:00

2回目 14日(月)11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店です)
会 費:10,000円(お花代別途500円)
定 員:定員各回5名
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、生けたいお花、お花を生けたい花器(あれば、サイズ違いで複数)、空のペットボトル(口を切って、いける前のお花をいれます。)

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop

tel 076-244-2892 (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 

 

 

 

 

 


月乃音 4月の中国茶教室のお知らせ

桜の蕾も色づき始め、これから日に日に蕾が膨らみ

開花が待ち遠しいですね。

4月の月乃音中国茶教室のお知らせです。

まだ少しお席に空きがございますので、お早めにご連絡ください。

 

4月のお教室のテーマは黒茶(ヘイチャ)になります。

黒茶の中で代表的なお茶は、プーアル茶です。

毎回お教室のために乃月先生から持って来ていただくお茶は、

先生が現地で自分で選んでいらっしゃるものです。

お教室ごとに、普段では出会えないお茶を味わうことができます。

回を追うごとに深まる中国茶の世界を、ぜひ体験しにいらしてください。<y>

 

 

 

○ご予約受け付け中

 

4月21日   (土)14時の部 ※キャンセル待ち

4月22日   (日)11時の部、14時の部

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 


1月の花教室

1月の大雪の日、17、18日に杉謙太郎先生の花教室が行われました。

昨年11月 / galleryでの「キム・ホノ展」にて、「壺に花を生ける」というテーマで、

ズーマでは初めての花教室を開催いたしました。花と壺と向き合う時間はとても新鮮なもので、日常的な時の流れとは少し異なる集中した時間となりました。

そんな花教室を、今年から定期的にお教室として2カ月に1度のペースで始めてみよう!と1月から始まりました。

今回は生け花の形式、立花 と 抛入 の違いを杉先生からお話いただき、立て花に使う込み藁作りと、皆さんがお家で使っていらっしゃる花器をご用意いただき、その花器に抛入をしました。

 

まずは、皆さん初めての込み藁作り。

込み藁(こみわら)とは、立花(たてはな)や立華(りっか)で、花器のなかに入れて花材を立てるために用いる束ねた藁のことです。今でいう、剣山や、オアシスの役割ですが、室町時代に使われていた最も古い方法になります。昔の人は身近にあったものを利用し、枝や花を留めるために乾燥させた藁を束ねた花留めを使っていたのですね。身近にある立花といえば、神前・仏前に立ててお供えする花。今回の教室では、立花で使う込み藁作りをしましたが、立花ができるようになるにはもう少し先になりそうです。

 

 

生け花の形式のもうひとつ、抛入。

抛入 は 立花 で使わなかったお花を吊り下げた花器にいれたのが始まりで、その花は放物線を描き自然の姿をしていたそうです。

そこから形式にとらわれず自然の姿をそのままいかして生ける生け方の抛入が室町時代の中頃から始まり、茶席を飾る生け花となり,江戸時代には日常生活の場を飾る生け花として用いられ,多くの流派が生まれたそうです。

今回のテーマは「雪」

一瞬で溶けてしまう雪をメインに花を生けました。

初めての体験で目から鱗でしたが、とても贅沢なおもてなしだなと思いました。

自然の姿をそのままいかして生ける、とても簡単に聞こえるかもしれませんが、生ける側の思いが強すぎてしまうとなかなか自然の姿にはなりません。。。肩の力を抜いてひと呼吸、リラックスした状態で生けます。

「生け花」からの視点で時代背景を杉先生にお話ししていただき、歴史は繋がっているのだなと改めて感じながら、時間の経つのを忘れてしまうほど集中した時間となり、次回からは1日の教室となります<y>

 

○杉謙太郎さんの花教室 予約受付中

第2回目
日 時:2018年3月17日(土) 11:00〜18:00 ※キャンセル待ち
18日(日) 11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店です)
会 費:10,000円(お花代込み)
定 員:定員各回5名
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、生けたい花、お花を生けたい花器

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop

tel 076-244-2892 (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 

 

 


<< | 2/9PAGES | >>

→ gallery diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版