shop diary

factory zoomer/shop diary


ANSPINNENのご紹介です。

この秋から/shopでお取り扱いを始めました日本発のファクトリーブランド「ANSPINNEN(スピネン)」のご紹介です。

 

 

スピネンを立ち上げた小金毛織は、日本で数少ない紡毛(手紡ぎに近い膨らみのある糸)紡績メーカーです。特に、カシミア糸を紡績できる国内のたった3社のうちの1社であり、長く受け継いでできた確かな紡績技術で知られています。

 

紡績とは、動物から刈り取った綿状の原毛を、混ぜ合わせ、繊維を整え、引き延ばしと、いくつもの段階を経て一本の糸にすることです。そして、その数本の糸を撚ってあらゆる太さの糸にするのが撚糸です。

本来この二つは分業するのが通例でしたが、小金毛織ではこの紡績から撚糸までの工程を、一貫して秋田県湯沢市の自社工場で行っており、これによりクオリティを高く保ち、安定して良い糸をつくることができるのです。

 

スピネンの母体である小金毛織株式会社は、1952年に千葉県で創業しました。現在は千葉を本拠とし、すべて秋田の工場で製作しています。つくり手と使い手、そしてメイド・イン・ジャパンの技術を未来へと繋ぎます。

 

紡績とは糸づくり。着心地が良く長く愛用できるニットは、最良の糸から生まれます。スピネンでは、カシミアやヤク、ラムズウール等を、最高の技術で丁寧に紡ぎ、原毛から糸にするまでを終始一箇所で行うことで、絶えず糸の声に耳を傾け、その性質を理解し、息を吹き込んでいきます。編んでいく工程は糸を熟知した協力工場と連携し、職人の手で糸の個性を引き出しながら製品化。生産の現場で工場や職人の減少によって揺らぐ技術の遺産を、途切れなく次世代へとつなぎ、ものづくりに対する誠実な想いをも編み進めていきます。ドイツ語の紡ぐ・つなぐという意味のSPINNEN。/shopに届いたカシミアのストールと、レッグウォーマーのご紹介を致します。

 

スーパーファインソフトカシミア ストール

サイズ 約180cm×65cm

color: アイボリー、サックス、ペールピンク、レッド、ライトモカ、チャコール

 

スーパーファインソフトカシミア レッグウォーマー

color:チャコール、ネイビー、ブラック

 

使えば使うほど、毛と毛の間に空気が含まれ、どんどん毛羽立ち柔らかく、ふっくらになるスピネンのカシミア。スピネンの縮絨にも秘密があります。縮絨(しゅくじゅう)とは、簡単に言ってしまうと 洗う ことですが、洗うことでガサガサした見た目から、表面が毛羽立ってふわっとした軽くて柔らかな風合いになります。縮絨は簡単なようで、季節やその日の気候、温度によって洗い方を変えたりと色々なノウハウがあり、この技術が風合いを決定するそうです。

 

縮絨は最初から抜群の風合いにするイタリア系と、最初から完璧にせず育てられる英国系の仕上げがあります。スピネンはでは、着用していくほどに育てられる、英国系の仕上げになっておりますので、使えば使うほどふっくらとした表情になってきます。

ここまで聞くとぜひ一度使ってみたい、育ててみたい!! と思わずにはいられませんよね。

/shop2階にご用意しておりますので、ぜひお手にとってお試しいただき、お好みのお色をお選びいただければと思います<y>

 

 



→ gallery diary



●calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版