shop diary

factory zoomer/shop diary


6月の中国茶教室

factoryzoomerに渡邊乃月先生をお迎えしたのは2017年の4月でした。

9回の教室を重ね、先月から新年度のお教室が始まりました。新年度からのお教室は、今までの基本の茶学経験に四季をかきまぜて、飲方、呼吸、姿勢、器、節句、喫茶雑話などを織り交ぜながら学びを深めていきます。

 

初めてのお教室ではウェルカムティーとして玫瑰花茶をいただいたのがずーっと昔のような、ついこのあいだのような。。。

 

 

新年度、やはり一番最初のお茶は、色香豊かな花弁が艶やかな玫瑰花茶でした。

一瞬にしてみなさんが惹き込まれ、うっとりとし、お教室内がピンク色のグラデーションに染まりました。夕方のお教室では、すこーし日が陰り薄暗くなったところに艶やかな玫瑰花茶がとても魅惑的でした。

 

 

そして、6月といえば新茶の時期。新茶上市2019 貴州省の新茶 「都楊喟蹇覆箸い鵑發鵑擦鵝法廚函湄漳翠芽(びしょうすいが)」の緑茶2種の飲み比べをしました。

まずは、茶葉の観察から。左が「都楊喟蹇覆箸い鵑發鵑擦鵝法彈分の身を守るためにふわふわとした細毛に覆われています。右が「湄漳翠芽(びしょうすいが)」香りもそれぞれに違います。

初摘みの新茶はガラスで飲むのが醍醐味です。茶人が湯の入った茶壺に新茶をさらさらと入れ、ゆらゆらと茶葉が落ちていく様を眺めるその時間はとても癒やされます。茶杯に注がれた淡い水色と、鼻腔を抜ける香りで一気に身体も心も解き放たれるようです。

「都楊喟蹇覆箸い鵑發鵑擦鵝法廚鉾罎戞◆湄漳翠芽(びしょうすいが)」は、ピリリと山椒のような辛味のするお茶で、茶の淹れ方、お湯の温度や、湯の注ぎ方、それぞれの茶葉によって変えることで最大限に茶葉の持ち味を引き出します。

これもいろんなお茶を淹れ、体験することによって、だんだんとそれぞれの茶葉に合う器選び、茶の淹れ方を学んでいきます。

そして、今回のお教室では、現在/galleryで開催中の「f.z.+kit glass ⇄ plastic」で制作した茶器などを一足先にお披露目し、お使いいただいたとても貴重な時間となりました。器は使われることでとても生き生きと誇らしく、そして美しく愛おしく感じられました。<y>

 

 

次回のお教室は、少し先になり10月になります。

ご予約をお待ちしております。

 

10月26日(土)13時の部、16時の部(残2席)

10月27日(日)11時の部、14時の部

※10月27日(日)は金沢マラソンになります。金沢市内交通規制がございますのでお気をつけていらしてください。

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 



→ gallery diary



●calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版