shop diary

factory zoomer/shop diary


12月の中国茶教室のお知らせ

来週末に迫ってまいりました、12月のお稽古のお知らせです。

 

12月中国茶稽古のご案内

 

茶の源流とされて今、再注目を集める貴州省

厳しい冬山の少数民族の暮らしの中で息づく

紅茶をご紹介いたします

ほんとうに美しい紅茶とは?

その魅力と奥深さに触れていただきます

力溢れる紅茶で心身を温め潤す学びの時間

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

月乃音 
渡邊乃月

 


 

少しお席に余裕がございますので、お知らせいたします。

ご予約をお待ちしております。

 

12月21日(土)13時の部(満席) 、16時の部(満席)

12月22日(日)11時の部(2席)14時の部(1席)

 

参加費:初回体験 1回5500円

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 

前回(10月)に行われた中国茶のお稽古の内容を少しご紹介させていただきます。

2017年4月より中国茶教室が開講され、中国茶の6色(緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶)のお茶を学びました。その6色の評鑑定をするというものでした。今までのおさらい、確かめ、そして、言葉で言い表してみることです。

それぞれの6色のお茶を先生がご用意してくださり、同じ条件(茶葉の量、湯量、温度、蒸らしの時間)でお茶を淹れ、表に従い鑑定していきます。まずは、外形=お湯を淹れていない茶葉の見た目、香気(外=湯を淹れていない/内=湯を淹れたときの)香り、お茶の水色、著涎(ちょえい)=味、茶底=茶がら、それぞれを言葉にします。

「甘い」一言でも、花の蜜のような甘さなのか、果物のような甘さなのかを言葉で表現します。今までの経験と、知識と、自分の中のいろんな引き出しを開け、端的に言葉で言い表すことはとても難しく、みなさん唸っていらっしゃいましたが、とても楽しい時間だったようです。これまでの学びの確認と、それぞれのお茶の違いが身体に沁み渡った時間になったようです<y>

 


11月の花教室のお知らせ

街路樹が秋色に染まっております。

/shop犀川沿いの木々も赤や黄色に色づき落ち葉がとても綺麗です。

11月の花教室の日程が決定いたしました。

 

● 杉 謙太郎さんの花教室 11月

 

花人 杉謙太郎さんをお招きし、二ヶ月に一度の連続講座として、いけばなを教えて頂いています。今回は、いけばなの基本である型、葉蘭のお稽古と、型を踏まえて自由に生ける抛入(なげいれ)のお稽古を両方致します。はじめての方も、お気軽にご参加ください。

 

日 程:2019年11月24日(日)/25日(月)
時 間:11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店)
定 員:定員各回3名
内 容:葉欄の稽古と北陸の秋の草花を花器に生ける稽古
会 費:10,000円 + 花材代(2,000円ほど)
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、昼食、小刀、花器(あればサイズ違いで複数)、草花(花材)

ご予約:/shopまでお電話(076-244-2892)でお申し込みください。

 

shopのオリーブも紫色に色づいています。


平井知子さんのストールのご紹介2

秋冬のフェアも残すところあと3日間となりました。本格的にストールの出番!今日は、平井知子さんの HAND WOVEN STOREのご紹介2です。

 

○英国シェットランドシープの手紡ぎ手織りのストール

刈り取られたままの状態の英国のシェットランド羊毛を洗って汚れを取るところから全ての工程を経て1枚のストールへと生まれ変わったこれらは、染色などしていない羊そのままの色。触り心地は、しっとりとしており、脂分がすごくあります。この脂分のことを ラノリン といい、ハンドクリームや、化粧品に使われている成分です。天然の脂分ですのでとても肌に優しく、少々の雨であればはじいてくれるそうです。牧場の景色が映し出されるような届いた時の感動を、なるべく消してしまわないよう、脂や匂いや素材の癖を取り去るのは気持ち良くお使いいただける塩梅までと平井さんがお話ししてくださいました。

そして、実際に巻いた時の感触は、この大らかでたっぷりとした肉厚感。しっかりと温かさを包み込んでくれます。

 

さて、ここで英国シェットランドという羊毛の説明を少々。。。

英国羊毛とは、その名の通り英国で育った羊のことで、その中でも2種に分かれているそうです。その1つが山岳種。その代表的なものが「シェットランド」です。

そして特徴は、山岳地で石や岩が多く痩せた土地などの厳しい自然環境で育った羊。この環境で育つと、繊維の長さは長く、太い毛や、強い毛が生まれます。そして、ウール特有の クリンプ (毛の縮れ) が、英国羊毛は普通の羊に比べ緻密で多いことが特徴です。クリンプが多いほど、スポンジ性、弾力性、バルキー性のある糸に仕上がります。=空気をよく含むことができるので、保温効果が高くなり、温かく軽い糸になります。また、平井さんはこの英国シェットランドの羊毛の中でも、ゴツゴツした素材感を好んでおり、その中でもチクチクしない肌にやさしいものでストールを制作されています。

 

○ゴットランドラムウールのストール

こちらは、ゴットランドという羊の種類のラムウール(=生後6ヶ月までの仔羊)になります。このラムウールはニュージーランドの南島にあるハミッシュさんの牧場で丁寧に手紡ぎ用に育てられた貴重な羊毛です。仔羊の毛はとても柔らかく軽やかで、そして光沢があります。ヘリンボーン(魚の骨)に織られているこちらのストールは大判で、身体に纏うととても優しい気持ちになれるのです。

 

○メリノバルキーウールストール

メリノ羊毛の手紡ぎ手織りのストールです。羊毛の中でもメリノはよく耳にする羊の品種ですが、今日ではたくさんの品種が改良されております。メリノウールの特徴は、ウール繊維の表面上のスケール(弾力性)で湿気を吸着し、熱を発生させます。その上、クリンプと呼ばれる毛の縮れが多く、弾力性にも優れているので糸同士が絡みあい、熱を外に逃しにくくしてくれるので高い保温力があります。そして水を弾く特性があるので、水溶性の汚れがつきにくくなっています。また天然素材特有の免疫機能による抗菌、防臭効果があります。しっかりとしたメリノバルキーストールは、コート代わりに、コートの上から大きく身体に纏うと、とっても暖かい一枚です。そして、平井さんならではの色の組み合わせもコーディネートのアクセントになりそうですね。

 

英国シェットランド羊毛、ゴットランド羊毛、メリノ羊毛、羊と言えど品種や育った環境で随分と毛質や肌触りが異なります。平井さんは、それぞれの素材を生かして手紡ぎの方法を変えており、1枚1枚が平井さんならではのストールに仕上がっています。そして、そんな平井さんが作りだすものは、ファションに溶け込んでくれること。私たちの毎日の生活スタイルの中に自然と溶け込み、使う喜びと楽しみを与えてくれるストールです。

フェアは12日(火)までとなりますので、ぜひこの機会に店頭でお手にとってご覧ください。ご来店をお待ち致しております。<y>

 


平井知子さんのHAND WOVEN STOLE フェア

11月1日よりフェアがスタートして後半に入りました。だんだんと冬の空気を感じる金沢です。そろそろストールの出番ですね。

今日は、平井知子さんの HAND WOVEN STOREのご紹介です。

 

○カシミアのストール

伝統的なチェック柄を平井さんならではの独特な色の組み合わせで織られており、一年育てたストールは、一年前よりも確実に ほわっと空気を含み、より軽やかで、とろんと柔らかい質感になっており、身にまとうたびに幸福感があります。手織りのストールは、機械で均一に織られるよりも、より空気を含み、毛と毛が絡まり、暖かいと言われており実際にそう感じます。

 

○今期の新作「ポンチョ」

こちらのポンチョは、カシミアに少しウールを加えているので程よい落ち感があります。今の時期、ベストのように羽織ると、とても重宝する一枚。またぐるっと巻きつけたり、ストールのようにも使えて一枚で幾通りにも使える優れものです。厳しい冬にはコートの上からも羽織っていただくことができます。しかも軽いのです。フリンジがアクセントになり、いろんな表情を楽しんでいただける一枚ですので、ぜひぜひ店頭でご試着ください。

 

○今期の新作「スヌード」

秋も深まり、日中と朝晩の寒暖差がある今日この頃ですが、そんな時、カシミアのスヌードが大活躍してくれます。日中はそのまま首から下げて今日のコーディネートにボリューム感を楽しんでいただいて、夜はぐるっと二重に巻くと首もとから肩のあたりまであったかです。そしてなんと言っても軽いのです。お色も洋服のコーディネートに馴染みやすく使いやすい3色(オフホワイト、オリーブ、ブラウン)ぜひ店頭でごらんください。

 

○フェア期間中の限定メニュー

「MIETTE タルト・タタン+TETERIAダージリン」

期間中、/shopカフェでは、限定メニューを提供しております。

☆TETERIAさんの茶葉の販売も致しております。


以前にパウンドケーキを作ってくださった、高知の洞ケ島町にあるお茶とお菓子のお店 MIETTE(ミエット)さんが今回、TETERIAさんのダージリン(ファーストフラッシュ)に合わせて、タルト・タタンを作ってくださいました。タルト・タタンの林檎のキャラメリゼは紅玉林檎とお砂糖と少量の発酵バターのみで仕上げています。シンプルだからこそミエットさんのタルト・タタンを食べると幸福感と力が湧いてきます。

そして、今回のこのTETERIAさんのダージリンファーストフラッシュから始まった限定メニュー。ファーストフラッシュとは春摘みの茶葉のことを言い、ダージリンは年に3回収穫時期があります。ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナルの3種。ファーストフラッシュの特徴としては、茶葉が緑色をしており、香りがよく、水色は淡く、苦味や、渋みが少なく、中国茶や、日本茶のような、そんなダージリンファーストフラッシュです。この組み合わせ、ぜひお召し上がりください。タルト・タタンは数に限りがございますので、お早めにどうぞ<y>

 



 

 

 


秋冬のフェアが始まりました。

日頃から皆様にご好評をいただいております、ARTS&SCIENCEの秋冬のフェア/平井知子さんの「HAND WOVEN STOLE」フェアが金曜日より始まっております。

 

ARTS&SCIENCEのフェアは今回で7回目を迎え、今年の6月には/galleryでARTS&SCIENCEのhome collection展が開催され、より多くの方にARTS&SCIENCEの魅力が広がっていくのを感じております。今回も普段入荷の少ないメンズサイズや、革小物類、鞄、ブーツ、肌触り、着心地のよい服をたくさん揃えております。ぜひご来店をお待ちいたしております。

 

平井知子さんは、2017年の3月からズーマではお取り扱いをさせていただき、この度、念願叶ってのフェアを開催することになりました。手織りのカシミアブランケットストールは、伝統的なチェック柄を平井さんならではの色の組み合わせで織られており、ホームスパンのストールは、羊そのままの色を存分に楽しんでいただけます。今年は新作のカシミアのポンチョやスヌードなど、ズーマフェアのために沢山制作していただきました。この機会にぜひお手にとって、巻いて、良さを確かめていただきたいです。

 

◯日時:11月1 日( 金) - 11 月12 日( 火) ※6日( 水) は定休日

◯場所:ズーマショップ2F ( 犀川沿いのお店です)

◯フェア開催中、/shop にて「MIETTE タルト・タタン+TETERIAダージリン」の限定メニューをお楽しみいただけます。

 


平井知子さんのHAND WOVEN STOLE フェア

来週の金曜からファクトリーズーマショップでは、平井知子さんの「HAND WOVEN STOLE」フェアを開催いたします。ズーマでは2017年3月よりお取り扱いをさせていただき、念願叶っての今回のフェアになります。

 

 

◯日時:11月1 日( 金) - 11 月12 日( 火) ※6日( 水) は定休日

◯場所:ズーマショップ2F ( 犀川沿いのお店です)

◯フェア開催中、/shop にて「MIETTE タルト・タタン+TETERIAダージリン」の限定メニューをお楽しみいただけます。MIETTEさんのタルト・タタンは数に限りがございますのでお早めにどうぞ。

 

平井さんの手織りのカシミアブランケットストールや、ホームスパンのストール、今年は新作のポンチョやスヌードなど、ズーマフェアのために沢山制作していただきました。この機会にぜひお手にとって、巻いて、良さを確かめていただきたいです。

そして、同時期に今年もARTS&SCIENCE の秋冬フェアを開催いたします。普段は入荷の少ない小物類、靴なども取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております<y>

 


9月のお花教室のお知らせ

暦の上では立秋を迎えましたが暑い毎日です。

それでも室内に緑を飾ると清々しくほっとします。

9月の花教室の日程が決定いたしました。

その頃には秋を感じていただきながらのお教室でとても良い時期かと思います。

 

● 杉 謙太郎さんの花教室 9月

 

花人 杉謙太郎さんをお招きし、二ヶ月に一度の連続講座として、いけばなを教えて頂いています。いけばなの基本である型からはじめる「基礎編」と、型を踏まえて自由に生ける「応用編」をお選びいただけます。(一日で両方も可能)はじめての方も、お気軽にご参加ください。

 

日 程:2019年9月29日(日)
時 間:11:00〜18:00
場 所:ズーマギャラリー
定 員:定員各回3名
内 容:基礎編- 葉欄の稽古
      応用編 - 北陸の秋の草花を様々な花器に生ける稽古
会 費:10,000円 + 花材代(基礎編:1,500円/応用編:500円)
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、昼食、基礎編の方は小刀、応用編の方は花器(あればサイズ違いで複数)

ご予約:/shopまでお電話(076-244-2892)でお申し込みください。

 

 

杉 謙太郎
1975 福岡生まれ。18歳より花の道へ。2013 museum as it is にて 花会。 写真集 「わすれくさ」 出版。2014 奈良 志賀直哉旧居 東大寺 新薬師寺 一年に及ぶ花会。
現在、各地にて花会。

 

 

/shop1階に畳を敷き、座ってのお稽古となります。植物と向き合い、いけること、所作を通して、自分と向き合う時間となることと思います。基礎編は、基本の型のお稽古ですが、毎回連続して参加する方も多く、この型を極めたいと何度も繰り返し練習しています。お稽古が進み、毎回繰り替えすることで改めて気づくことがでてきたり、少しづつ新しいことを学び身体と心に吸収してのお稽古はとても貴重な時間となることと思います。

また、型のお稽古の後に、応用編のなげいれをやってみる方もいらっしゃいます。

基礎編の型を当てはめて生けると、なげいれもまた変わってくるようですよ。

初心者の方でも、それぞれの方に合わせた流れで教えて下さるので、安心してご参加いただけます。ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。ご参加お待ちいたしております<y>

 


6月の月乃音 中国茶教室のお知らせ

いよいよ今週末は、月乃音 中国茶教室 新年度のお稽古が始まります。


月乃音中国茶稽古のご案内

若葉の成長を助ける陽と雨を浴び
2019年の新茶が市場に揃いました
6月のお稽古でご紹介する茶は
水中で可愛い姿を魅せる貴州省の緑茶と
色香豊かな花弁が艶やかな玫瑰花茶

生まれたての茶のエネルギーを
発揮させる茶への接点を学びます
皆様のご参加をお待ちしております

月乃音 
渡邊乃月

 

 

少しお席に余裕がございますので、お知らせいたします。

ご予約をお待ちしております。

 

6月29日  (土)13時の部(満席) 16時の部(1席)

6月30日  (日)11時の部(満席)、14時の部(1席)

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)


福田里香さんのデザートプレートのご案内

7月5日(金)より、広坂の/galleryで開催される、f.z.+kit glass⇄plastic展に合わせて、菓子研究家の福田里香さんがデザートプレートを作ってくださいます。

 

もともとガラスの代用品だったプラスチックをガラスに作り戻すという展覧会の内容に合わせて、初夏にぴったりなデザートをご用意くださる予定です!(写真はイメージです)

 

○福田里香さんのデザートプレート(ご予約制)
日程:7月5日(金)  15:00〜/16:30〜

              6日(土)  14:00〜/15:30〜

場所:factory zoomer /shop(犀川沿い)

価格:¥2,000(お飲み物付)

 

▲満席となりました。ありがとうございます。

 

ご予約は、6月24日(月)11時より受付開始いたします。

/shop(076-244-2892)までご連絡ください。

各日10名様、合計20名様限定となります。

 

福田里香 経歴
福岡生まれ。菓子研究家。近著に『民芸お菓子』(Discover Japan)、『いちじく好きのためのレシピ』(文化出版局)、『新しいサラダ』(KADOKAWA)がある。

 

皆様のご予約をお待ちしております。

(n)

 

 


7月のお花教室のお知らせ

紫陽花が雨を喜び見頃を迎えております。

7月の花教室の日程が決まりました。

 

● 杉 謙太郎さんの花教室 7月

 

花人 杉謙太郎さんをお招きし、二ヶ月に一度の連続講座として、いけばなを教えて頂いています。いけばなの基本である型からはじめる「基礎編」と、型を踏まえて自由に生ける「応用編」をお選びいただけます。(一日で両方も可能)はじめての方も、お気軽にご参加ください。

 

日 程:2019年7月14日(日)・ 15日(月祝) ※14日は基礎編のみ
時 間:11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店です)
定 員:定員各回5名
内 容:基礎編- 葉欄の稽古
      応用編 - 北陸の春の花を様々な花器に生ける稽古
会 費:10,000円 + 花材代(基礎編:1,500円/応用編:500円)
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、昼食、基礎編の方は小刀、応用編の方は花器(あればサイズ違いで複数)

ご予約:/shopまでお電話(076-244-2892)でお申し込みください。

 

 

杉 謙太郎
1975 福岡生まれ。18歳より花の道へ。2013 museum as it is にて 花会。 写真集 「わすれくさ」 出版。2014 奈良 志賀直哉旧居 東大寺 新薬師寺 一年に及ぶ花会。
現在、各地にて花会。

 

4月の教室は、/shopに畳を敷き、初めて、座ってのお稽古となりました。

基礎編は、基本の型のお稽古ですが、毎回連続して参加する方も多く、

この型を極めたいと何度も繰り返し練習しています。

お稽古が進むことで、椅子に座って生けるよりも、座ることで見えてくるものや、

お道具の使い方も変わってきます。

また、型のお稽古の後に、応用編のなげいれをやってみる方もいらっしゃいます。

基礎編の型を当てはめて生けると、なげいれもまた変わってくるようですよ。

初心者の方でも、それぞれの方に合わせた流れで教えて下さるので、安心してご参加いただけます。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。ご参加お待ちいたしております。

<y>


| 1/11PAGES | >>

→ gallery diary



●calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版