shop diary

factory zoomer/shop diary


A&Sのシャツドレスが届きました。

昨日、春一番が吹いた金沢。

確実に春に向かっています。

 

A&Sの春物が届きました。

 

Rib socks

black,blue green,pale gray,white

 

 

Bulky box shirt dress

special cotton broad    cotton100%

khaki green,black         サイズ1

 

ワンピースとして、羽織としても1年中お使いいただけるシャツドレスです。

春物を少しづつコーディネートに加えていくと身も心も軽やかになります。

 

タタンさんのビスコッティとオオヤコーヒをご用意してお待ちしております。

犀川沿いの道はきれいに除雪され、駐車場のご用意も1台ございますので

ぜひお出かけください<y>

 

 

 


明日は月とピエロさんのパンの日です。

今日は雪掻き日和。

辺り一面真っ白な世界がキラキラと光っていました

/shop は川沿いだからでしょうか

こんな青鷺もやってきて雪掻きの監督をしているようでした

 

明日2/9(金)は月とピエロさんのパンの日です。

川沿いは凍結しておりツルツルですので、十分ご注意ください。

店内暖かくして心よりお待ちしております<y>

 

 

 

 


通常営業中です

金沢は、連日の報道の通りの大雪ですが、ショップ、ギャラリーとも通常営業中です。

ショップでは雪かきのため、電話に出られない事がありますので、お問い合わせのお電話は

ギャラリーへお願い致します。(076-255-6826)

 

◯店舗周辺の状況

 

/shop

犀川沿いのお店の前の道は、一部通行止めになっており、犀川大橋方面へは抜けられません。(2/8現在)

また、駐車場は雪のためお使い頂けませんので、公共交通機関をご利用ください。

川沿いは凍結しておりツルツルですので、十分ご注意ください。

明日2/9(金)の、「月とピエロ」パンの販売も通常通り予定しております。

 

/gallery

広坂のギャラリー周辺の歩道は歩きやすくなってきておりますが、屋根雪の落下に十分ご注意ください。

バスも運行しております。

 


1月の花教室

1月の大雪の日、17、18日に杉謙太郎先生の花教室が行われました。

昨年11月 / galleryでの「キム・ホノ展」にて、「壺に花を生ける」というテーマで、

ズーマでは初めての花教室を開催いたしました。花と壺と向き合う時間はとても新鮮なもので、日常的な時の流れとは少し異なる集中した時間となりました。

そんな花教室を、今年から定期的にお教室として2カ月に1度のペースで始めてみよう!と1月から始まりました。

今回は生け花の形式、立花 と 抛入 の違いを杉先生からお話いただき、立て花に使う込み藁作りと、皆さんがお家で使っていらっしゃる花器をご用意いただき、その花器に抛入をしました。

 

まずは、皆さん初めての込み藁作り。

込み藁(こみわら)とは、立花(たてはな)や立華(りっか)で、花器のなかに入れて花材を立てるために用いる束ねた藁のことです。今でいう、剣山や、オアシスの役割ですが、室町時代に使われていた最も古い方法になります。昔の人は身近にあったものを利用し、枝や花を留めるために乾燥させた藁を束ねた花留めを使っていたのですね。身近にある立花といえば、神前・仏前に立ててお供えする花。今回の教室では、立花で使う込み藁作りをしましたが、立花ができるようになるにはもう少し先になりそうです。

 

 

生け花の形式のもうひとつ、抛入。

抛入 は 立花 で使わなかったお花を吊り下げた花器にいれたのが始まりで、その花は放物線を描き自然の姿をしていたそうです。

そこから形式にとらわれず自然の姿をそのままいかして生ける生け方の抛入が室町時代の中頃から始まり、茶席を飾る生け花となり,江戸時代には日常生活の場を飾る生け花として用いられ,多くの流派が生まれたそうです。

今回のテーマは「雪」

一瞬で溶けてしまう雪をメインに花を生けました。

初めての体験で目から鱗でしたが、とても贅沢なおもてなしだなと思いました。

自然の姿をそのままいかして生ける、とても簡単に聞こえるかもしれませんが、生ける側の思いが強すぎてしまうとなかなか自然の姿にはなりません。。。肩の力を抜いてひと呼吸、リラックスした状態で生けます。

「生け花」からの視点で時代背景を杉先生にお話ししていただき、歴史は繋がっているのだなと改めて感じながら、時間の経つのを忘れてしまうほど集中した時間となり、次回からは1日の教室となります<y>

 

○杉謙太郎さんの花教室 予約受付中

第2回目
日 時:2018年3月17日(土) 11:00〜18:00 ※キャンセル待ち
18日(日) 11:00〜18:00
場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店です)
会 費:10,000円(お花代込み)
定 員:定員各回5名
持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、生けたい花、お花を生けたい花器

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop

tel 076-244-2892 (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 

 

 


月乃音中国茶教室 2月のお知らせ

 

やっと雪も溶けてきましたが、まだまだ寒い日が続いております。

2月は2018年最初の、月乃音中国茶教室です。

まだ少しお席に空きがございますので、お早めにご連絡ください。

 

2018年、最初のテーマは紅茶になります。

中国茶の中でも紅茶は世界から注目されているお茶の一つに入るそうです。

一般的に手に入る紅茶と比べて、まろやかで飲みやすく、

濃いめに入れても苦味が出にくいのだそうです。

 

毎回お教室のために乃月先生から持って来ていただくお茶は、

先生が現地で自分で選んでいらっしゃるものです。

お教室ごとに、普段では出会えないお茶を味わうことができます。

回を追うごとに深まる中国茶の世界を、ぜひ体験しにいらしてください。(k)

 

 

 

 

○ご予約受け付け中

 

2018年

2月18日   (日)11時の部、14時の部

 

4月21日   (土)14時の部

4月22日   (日)11時の部、14時の部

 

6月23日   (土)14時の部

6月24日   (日)11時の部、14時の部

 

参加費:初回体験 1回5500円

    以降3教室分をご継続していただける方、1回5000円を3教室分前払い

    *継続参加の場合、継続一回目の参加時に先にお支払いお願い致します。

                                                                     (5000円×3教室分15000円)

 

続けることで理解が深まる内容となっております。ご継続の方ご優先でお席を確保します。

✳ご継続の際、返金はできませんのでご了承ください。

 

ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892

                        (11:00〜18:00 水曜定休)

 

 


| 1/198PAGES | >>

→ gallery diary



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版